タカラバコ

◯△♡

『“継ぐ” release tour “告ぐ”』を見に行った感想 ①


Ivy to Fraudulent Game 2nd mini album “継ぐ” release tour “告ぐ”


ごきげんよう。このブログは一体何がしたいのか自分でもよく分からなくなってきてるけど、140文字じゃとても足りないし、写真と一緒に添えるにはさすがに長すぎるし、じゃあどうしよう、ってなった時、やっぱりブログしかないのでは…ということで更新です。


4月から全国20ヶ所をまわった 大好きなバンドのツアーが、先日とうとうファイナルを終えました。ライブのたびに「 大丈夫って言えるようになるまで一緒に戦おう 」って、音楽で言葉で まっすぐに伝えてくれた『告ぐ』は、私にとって Ivy to Fraudulent Gameが世界一かっこいいロックバンドだ!と強く確信させられたツアーでした。

遡ること7ヶ月前。昨年12/15に行われたIvyの自主企画『揺れる0.8』の最中に、アルバムの発売と同時に告げられた今回のツアー。それからずっとワクワクしてきたツアーだったから、終わってしまった今、とても幸せな気分でフワフワしているのと同時に、ポッカリ穴があいた気分でもあります。

昨年のうちに始まったチケット最速先行では、7公演申し込んだうち 私が当選したのは3公演。いくら 昨年の行間にてリリースツアーとは 状況が違うとはいえ*1、それまではIvyのライブで落選を経験することなんてほとんどなかったから正直すごく戸惑った。昨年はフォーマンたまにスリーマンだった対バンが 今年はツーマンたまにスリーマンになって、昨年はフロアの中に物販があったライブハウスでも 今年は物販はフロアの外で、目に見える形で バンドの1年ってこんなに変わるものなんだなぁってすごく実感しました。

そんなこんなで 前置きが長くなってしまったけど、私はこのツアーに10本参加しました。その感想を書いたので、もし興味のある方がいたらどうぞ。ファン歴はあまり長くない人の超個人的な感想ですが、どうかお手柔らかにお願いします……!!

1本目

2017/04/01 sat @ 高崎 club FLEEZ
one man

1. 夢想家
2. she see sea
3. +
4. Dear Fate,
5. 劣等
6. E.G.B.A.
7. 傾き者
8. Utopia
9. 水泡
10. 道化の涙
11. 青写真
12. アイドル
13. 青二

en1. 東京
en2. !

wen1. error
wen2. trot
wen3. 故郷

初日はIvyの故郷である群馬県からスタートでした。もう4月だというのに、冬のコートを着ていったくらいに風が冷たかった。私は 高崎の近くに住む ファンではない友達を 半ば強制的に連れていったんだけど、友達にちょっと申し訳ない気持ちになる…くらいには、初日の開演時間は押しました。BGMで“揺れる”が流れ続けるなか、ツアー初日ならではのワクワク感と いつ始まるか分からないドキドキ感でどうにかなりそうだった。ようやく BGMのボリュームが上がり、暗点したのは、チケットに記された開演時間から 20分が過ぎた頃でした。

アルバムでは最後に収録されている“夢想家”からライブは始まり、夢想家がエンディングに向かうと リョウタロウさんが弾くシンセと同時に波の音が鳴って 続く曲は“she see sea”。繊細で力強いIvyの 独特な雰囲気に飲み込まれていくなか、最新アルバムを提げたツアー初日の3曲目は、彼らが高校生の頃から歌っているらしい“+”でした。のっけから 個人的にはビックリ続きなセトリで、すごく良い意味で期待を裏切られたライブだった、と ツアーが終わった今振り返っても 改めてそう思います。

この日はエイプリルフール。「今日はエイプリルフールだから何度かウソつくかもしれないけど、俺の親 犬だから!みんな動物同士仲良くしよう!」なんてナチュラルに笑わせてくる寺口さん最高だけど、ライブ終盤に「ステージの上で初めて言うけど、愛してる!!!」って言った言葉はウソじゃないといいな、と とても思った。

アンコールで「みんなどこに住んでるの?」って聞いたときはやっぱり関東の人が多かったけど、本当に全国各地から人が集まってて、これからここにいる人たちの故郷にライブしにまわるんだなぁって思ったら、ツアーって素敵だなってなんだかしみじみしてしまった。 最後に故郷を歌って「行ってきます」の言葉で締められた高崎は、『告ぐ』が最高なツアーになるに違いないと 確信した初日でした!!!

2本目

2017/04/08 sat @ 千葉LOOK
w / LAMP IN TERREN

1. 夢想家
2. she see sea
3. 劣等
4. E.G.B.A.
5. 道化の涙
6. Utopia
7. 水泡
8. Dear Fate,
9. trot
10. 青写真
11. アイドル
12. 青二
en. !

対バンツアーの初日。先週に引き続き、風が冷たくて寒かったけど、ルック前の川沿いに咲いた桜が満開でとても綺麗でした。めでたくソールドアウトした千葉は、外の気温とは対照的にすごい熱気で、Ivyのライブは集中して静かに見たいなぁって思ってたのは もうスッカリ過去の話だな!なんて思った。

「4月8日 千葉LOOKにお越しの皆さんに告ぎたいことは!!負ける気がしねぇ!!」から始まった青写真はこの日1番のかっこよさでした。ソールドアウトのフロアから、一斉にたくさんの拳が上がれば、そりゃもうステージなんて1ミリも見えなかったけど、とんでもなくかっこよかった。

このツアーが発表された自主企画にも出演していたテレンは、いちばん付き合いが長いバンド、らしいけど 見れば見るほどIvyとテレンの関係性なんだか良いなって思います。テレンと対バンしてるときのIvyはとてもバチバチしててとても好き。

あと、千葉公演から暫くは、謎のエ◯本プレゼント企画()もありました。この日は 47人の女性のカラダの本だったけど、それにサインかいてプレゼントするのシュールすぎワロタ……。

3本目

2017/04/09 sun @ 横浜BAYSIS
w/ LAMP IN TERREN

1. 夢想家
2. she see sea
3. 劣等
4. E.G.B.A.
5. 道化の涙
6. Utopia
7. Dear Fate,
8. trot
9. 青写真
10. アイドル
11. 青二
en. !

雨も風もやまないなか、傘もささずに 開場を待つ列に並びました。私が初めてIvyのライブを見たのがここ横浜ベイシスだったので、個人的に他のライブハウスよりちょっと強い思い入れがあります。あの日は台風でした。MCで寺口さんが「 一昨日までずっと良い天気だったのに、俺らの対バンツアーが始まった途端天気悪くなった!今日も外は雨だったけど、ここは屋根があるから雨ま逃れてよかったね! 」とか言ってたけど、私は雨が降っているのが なんだか懐かしくて、ちょっと嬉しかったです。

テレンは横浜でのライブは4年ぶりだったみたい。大さん( Vo. )がライブ前に、髪も乾かさずコンビニ行って間抜け面でレジ頼んだら 店員さんが今日のお客さんだった…って話 盛大に笑ったけど、「 去年は何もかも嫌になって 音楽やめたいと思ったこともあったけど、やっと立ち直ってきて、素直な気持ちをかいた曲です 」のコメントの後にうたった曲はとても優しくて、「Ivyもテレンも色んな生活と一緒にいさせてください。」のコメントにグッときて、曲はどれも暖かくて、素直に感動したライブでした。 セトリも千葉とは変えてきてくれて、私がいちばん好きな“メイ”を初めて聴けたのがすごい嬉しかった!(泣)

横浜のIvyのライブはとっても攻撃的だったけど、いちばんのハイライトは“アイドル”でギターを脱いだ(?)寺口さん!!なんていったらいいんだろう!?アイドルを歌うときの寺口さんはいつもヤバイし、ギターを置くこともよくあるけど、この日は頭からギターを下ろすんじゃなくて、持ってたギターを足元にストンと落としたのがめちゃくちゃかっこよかったんだ〜〜。「 今月で23歳。俺は中卒のバンドマンで、世間から見たら売れかけのロックバンド。今年が勝負とか言われてるけど、俺はそんなこと2.3年前からずっと思ってる! 」って言葉にはすごい苦しくなったけど、私が初めてライブを見た2年前から 何度もIvyの音楽に救われてきたことは、紛れもなくほんとうです!!「またここでライブする」って言い切ったの嬉しかったし、また絶対ここでライブが見たいってとても思った!!

「 何が正解なのか分からないし、難しいことは分からない。でも目の前にいる人間にむかって歌を歌ってる。俺は説教なんてできる立場じゃないし “大丈夫だよ”なんて言ってあげられないけど、どんなにくだらない人生でも、おまえらが自分で“大丈夫”って言えるようになるまで一緒に戦おう!! 」って言ってる姿はとても熱くてちょっと涙でた!きょうをスタートに、またここでIvyを見る日まで頑張ろうって誓った。

4本目

2017/04/15 sat @ HRさいたま新都心
w / LEGO BIG MORL

1. 夢想家
2. she see sea
3. Dear Fate,
4. trot
5. Utopia
6. 水泡
7. E.G.B.A.
8. 劣等
9. 青写真
10. アイドル
11. 青二
en1. !
en2. error

昼間に少し雨が降ったものの、上着を着ていたら暑いくらいのお天気でした。「俺 先輩の中であの人がいちばん好き、本当に。」寺口さんがそう言ったレゴとの対バン。

レゴのライブを見るのは初めてだったけど、「Ivyとは美しいと感じるものが同じだと思うから、美しいセトリにした。」っていうライブは本当に美しかったし、とっっても楽しかったです!! CDの宣伝しながら「おまえらに言ってるんやぞ!6列目くらいまでみんなIvyのファンやろ、あの辺(うしろのほう)はみんな持ってると思うから!」って言ったり*2、黒い服ばかりのIvyのファンのこと見て「喪服」って言ったり、ギターもMCもキレッキレでIvyのファンにも絡んできてくれたヒロキさん( Gt. )相当面白かったです(笑)(アルバムは買うお金なかったけど、1番気に入った曲の音源は買いました。笑)

そんなレゴの後のIvyは、最初のMCで「あんなにかっこいいライブ見せられちゃったら、出番前から震えた!」って言ってたけど、青写真の前には「レゴかっこいいし、歯向かうわけじゃないけど、俺たちのほうがかっこいい!!」って言い切っちゃう寺口さん最高かな!!

アンコールでは珍しくメンバー全員喋ってくれて、何て言ってたか忘れたけど スベってたリョウタロウさんも、「本当に楽しかったです。」ってにこにこしながら言うフクシマさんも、「たのしかった〜〜」ってマイクなしで言う大島さんもみんな最高でした。大島さんは「本当おまえのキャラずるいよな、そういうナヨナヨした感じ。」「俺ら一生懸命考えて喋ってるのに。」って 寺口さんとリョウタロウさんから責められてたけど(笑)。

「最後に一曲やって帰ります。」のコメントの後に演奏した“!”では寺口さんカポタストつけたまま演奏始めちゃって、それに気づいたメンバーすごい笑ってて(笑)。遅れて気づいた寺口さんも笑っちゃって、しまいには寺口さんとリョウタロウさんとでめっちゃジャンプし始めて、ほんっとうに面白かったです…!(笑)それでもとくにグダグダすることもなく、大満足で終了…したと思ったら、急にerror歌い始めたんだけど?!こんなに幸せで満たされたライブ久しぶりでした!!!(号泣)

おかげさまで私は乗る予定だった電車に乗れず(全力で走ったけど目の前で電車見送った)、新幹線で帰るはめになったけど、そんなのどーでもいいくらい楽しかった!!去年の埼玉はセトリが短い上にアンコールもなくて でも私の中ではツアー中 1番感動したライブだったんだけど、今年もなんだか変化球だった埼玉、メンバーもみんな楽しそうで、すっごい楽しかったです!!また来年もツアーが決まれば絶対埼玉きたいな!!

ちなみに18禁プレゼントは大きなお胸の本でした。アンコールで無理やり楽屋から連れて来られるも「おまえらエ◯本とか言っていいキャラなの?」って心配してくれてるヒロキさんワロタ。

5本目

2017/04/21 fri @ 水戸light house
w / cinema staff , Halo at 四畳半

1. 夢想家
2. she see sea
3. Dear Fate,
4. trot
5. Utopia
6. E.G.B.A.
7. 青写真
8. アイドル
9. 青二
en. !

4月も下旬になって春らしいお天気だったけど、夜は震えような寒さでした。 私にとっては このツアーで断トツ楽しみにしていた対バンがこの水戸でのスリーマンで、唯一 対バンが解禁された後にチケットを取った公演でした。このスリーマンじゃなきゃ絶対行かなかった、だって静岡から水戸へのアクセス悪すぎなんだもん…。(結局5時間半5回乗り換えして行った)やっとの思いで水戸駅に着いても、ライハまでのバス停も徒歩での行き方も全然分からなくて、ようやくライハに着いた頃には、開場して整番の呼び出しもとっくに終わってた。断トツ楽しみにしてた対バンだったけど、断トツ埋もれながらみたライブでした。

制作期間真っ只中のハロは 3週間ぶりのライブ&初水戸ライブだったらしい。渡井さん( Vo. )が「ずっと部屋にこもって一人で曲作ってると、世界から孤立したような気分になる。リハーサルの時は無表情でうたってるけど、今すごく楽しく歌えてる。」みたいなことを喋ったMCの最後に、「おれ最高の仕事してるな!!って思いました。」って言ってたのがすごい印象的でした。しーらいさん( Ba. )が Ivyに大きな拍手を送ろうとして、「Ivyはすこし年下だけど同世代のバンドで、レーベルメイトで、いいライバル。大きなIvyに、大きな拍手を!」って言っちゃったのも面白かった(笑)。ハロのライブはいつだって、過去より きょうが一番かっこいい!!

シネマはこの日から新しいグッズとして スマホケースが販売開始していて、くのしゃん( Dr. )が宣伝してたんだけど、「これから他の機種も作るけど、今日はアンドロイドは間に合いませんでした!自分がiPhoneを持ってなくても、もし友達や親戚でiPhoneを使ってる人がいたらぜひ!」で盛大にわろたwwwww ちょっと真面目なMCの最後に「大きなIvy、呼んでくれてありがとう」って言った三島さん( Ba. )も最高じゃない?(笑)ラストパートで返して 西南西 希望の残骸の流れはさすがに最強すぎました…!!

Ivyは「こんなまだ売れてないバンドのツアーに参加してくれて、改めてありがとうございます。」とか謙虚に言いながらも、水戸でも最高にロックだった。一緒に大丈夫って言えるように戦おう、っていう話では「俺は大丈夫って言える!!」って言い切った寺口さんが最高にかっこよかったです。

ちなみに水戸の日は、マネージャー大さんの誕生日で アンコールではお祝いしました。「印刷会社に勤めていたのに、ビジネスじゃなくてギャンブルなのに、俺たちの音楽に賭けてスタッフになってくれた。いいライブをすることが一番安心させられる方法だと思う。」なんて言いながら、ハッピーバースデー歌ってたんだけど、キー全然違うのに弾こうとする大島さんが面白かったです(笑) 「まじで何にも用意してないんですけど」だったらしいけど、PAブースで大さんもニコニコしてて、すごいホッコリしました!

シネマのキネマに引き続き、この3組の対バンを見るのは二度目だったけど、もともとただのファンだった後輩と、かっこいい先輩の対バンって、本当に夢のあるライブ!! 結局この日は朝まで水戸にいたんだけど、だんだん空が明るくなっていくなかで聴いた夢想家があまりにも最高すぎて忘れられません!!



一旦アップ。つづく。

*1:去年はファイナルの半年前からワンマンのチケットが手売りで販売され、一般発売が開始したもインディーズデビューの前だった。

*2:今回のツアーは すべての対バン解禁が、一般発売より後だったので、どの会場でも前列はほとんどIvyのファンでした。