タカラバコ

◯△♡

『“継ぐ” release tour “告ぐ”』を見に行った感想 ②

ツアーの感想つづき。


6本目

2017/05/28 sun @ 神戸 太陽と虎
w / SAKANAMON

1. 夢想家
2. she see sea
3. Dear Fate,
4. trot
5. 劣等
6. Utopia
7. 傾き者
8. E.G.B.A.
9. 青写真
10. アイドル
11. 青二
en. error

前回行ったライブから1ヶ月以上 空いてしまった神戸は、お天気もすっかり春仕様でした。タイトラはずっと行ってみたかったライブハウスだったんだけど、フクロウとかペンギンとかアヒルとか飛行機とか色々いるうえに、数分おきにライブハウスの上を走る電車の音が聞こえてとても面白かったです。

対バン サカナモンは、「きーとーくとよく対バンするひとたち」のイメージしかなかったから、まさか初めて見るライブがIvyとのツーマンになるとは思わなかったけど、噂のサカナモンくん見れて、アゲ↑できて、嬉しかった!なんだか青写真と似たイントロだな…と思ったら、本当に青写真のコピーを スリーピースで完璧にこなしてるのはかっこよすぎました。Ivyとちゃんとお話するのは 前日の広島が初めてだったらしいけど「クールだから大人しい人たちなのかなって思ってたけど、話してみたらすごくいい人たちでした。」って話す藤森さん( Vo. )がすごくいい人そうだった。Ivyの広島までの運転はフクシマさんが担当してて打ち上げには参加してなかったらしいんだけど、「福島くんのことはピコ太郎くんって呼んでた」って話がめちゃくちゃ気になったのに Ivyのクチからは語られることなくて残念!(笑)MCも含めてサカナモンのライブとても楽しかった!

Ivyのライブはとてもバチバチで、「売れる為にこういう曲を作ってくれとか、初めて見る人でも踊れる曲を一発作ってくれとか、そんなこと言われたら俺は辞めてやる。俺はやりたいことしかやらない!やりたいことをやって、この音楽を日本のスタンダードにする!」って言った寺口さんがすごくかっこよかったです。インディーズデビュー前に“俺たちが変わるときは俺たちが変わりたいと思ったとき、誰かに変われって言われて変わったりしたい”って言ってたのを思い出したりした。「この音楽があれば大丈夫、俺たちが前にいるときは大丈夫」って私も心から思えたライブでした。Ivyの音楽はほんとうに安心してついていける音楽です。

前日の広島はアンコールがなかったみたいだけど、「今日はアンコールやろうかな。昨日はアンコールやらなかったんだけど、アンコールってまだ物足りないってことだからね?!いつかアンコール求められないライブがやりたい!!アンコールなんていらねぇ、もうお腹いっぱいだぁ!!って思わせたい。」って言いながら、アンコールやってくれたの嬉しかった(笑)登場したとき「もっとフー!みたいなのないんすか」ってダメ出しされたけど(笑) あと、男の子のファンが増えたことすごく嬉しそうにしてた。

前日 誕生日だったリョウタロウさんに「去年も誕生日当日がここでライブだったね」って言いながらお祝いしたり、サカナモンのアゲを真似して、「チャゲ!アスカ!」って謎のC&Rしたり、1ヶ月ぶりにライブ見たら青二才の終わり方が壮大になってたり、とても楽しい神戸でした。またタイトラ行きたい。

7本目

2017/06/10 @ 静岡UMBER
w / SHE'S

  1. 夢想家
  2. she see sea
  3. Dear Fate,
  4. trot
  5. 劣等
  6. 傾き者
  7. Utopia
  8. E.G.B.A.
  9. 青写真
  10. アイドル
  11. 青二

en. 故郷

待ちに待った地元 静岡!開演前に歩き回ったら、少し汗かくくらいの良いお天気でした。 対バンSHE'Sは、「静岡にくるのは3年ぶり3度目、なんか甲子園みたい(笑)」って言ってたけど、私は2年ぶり2度目のSHE'Sでした。 一曲目から りょうまさん( Vo. )がイヤモニを楽屋に忘れた状態で始めちゃうっていうハプニングとかあったけど(笑)、久々に見たライブは キラキラしててかっこよくて楽しかったです!前日の京都でのエピソード話してくれたり嬉しかったな〜!!(「京都にはハッピーターンがないということでよろしく!」って言いながら次の曲始めた寺口さんが面白かったって話すりょうまさんが面白かった)

Ivyのライブは、「俺たちはいま群馬県というところで生活していて、東京に行くことも多くなったけど、汚くて、カラスがゴミ漁ってて、煩い あの街が苦手。大阪から上京したSHE'Sへ、あの街で負けないで、という曲をやります。」の後の傾き者に感動したり、 「俺にも良いと思う音楽と、ダサいと思う音楽もある。きょう俺たちの音楽を聴いて、嫌いだと思った人もいるかもしれないけど、それも正解。悔しいけど俺たちの負け。」の言葉に胸えぐられたり、 メンバーの親の話したり、大島さんが喋ったり、ココナッツサブレ連呼したり。 地元で見るライブは格別に楽しかったです!!


ちなみに、静岡は 私が最速先行で当たった数少ない公演のひとつでした。150人〜200人キャパの静岡UMBERで最速先行なら、最前列もワンチャンかな!なんてワクワクしながら発券に行ったら…現実はそんな甘くはなくて(白目)。期待とはかけ離れた番号に、正直ちょっと凹みながら迎えた開場時間でした。飛ばされる整番ほとんどないまま40人以上が入場して、私が入った頃にはフロアは話し声でザワザワしてたんだけど、せめてドラムセットが見えるところまではいきたいなぁ…なんて思いながら前に進んだら……?!?!

な、なんと最前列までいけました。

もう本当にびっくり。誰かが場所取りしてるんじゃないかと 思わずキョロキョロしてしまったけど、整番1番だったとしても確保していたであろう上手最前があいてて本当に奇跡かと思った…!。゚(゚´ω`゚)゚。*1UMBER行くのにちょっと整番が遅くて凹んでる人はぜひ諦めないでほしい…!これから他の土地でも地元の人の楽しみを最優先してあげたいととても思った。゚(゚´ω`゚)゚。これが、私にとって このツアー唯一の最前列となりました!

そんな最前で見たライブで、なにより感動したのがアンコール!「アンコールありがとうございます。(めっちゃゆっくり喋ってた)」なんてまるで定型文から始まったアンコールは、「これはゆるいトークショーだから。」って言っちゃうくらいゆるい雰囲気のスタートでした。他のメンバーが楽器持ってスタンバイしても、寺口さんずっと喋り続けてくれて、静岡の名産品聞いたり、静岡あるある話してくれたり、「静岡と群馬は似てるね」なんて言ってくれたり、こんなに静岡に住んでて嬉しいことなかったなぁ。

青二才の前には「どんな人生なのか、どんな生活をしてるのか、どんな仕事をしてるかなんて知らないけど、ここではちょっとだけ幸せを与えられる。」って言ってたんだけど。私 包み隠さず人に話せるような生活送れてないし、なんとか明日を生きる為だけに働いてるけど、名前が挙がった名産品ぜんぶ毎日売ってるんだ。彼らが生まれ育った場所と似てるここでなんとか毎日生きてるんだ。こんなに幸せな日もあるし、こんな生活でも まだ頑張る価値あるかなって、目の前で静岡の話をするIvyを見て、ちょっとだけそんな風に思えた。

静岡と群馬似てるねって話では、「終電は早いし、家と駅は遠いし」「暇つぶしできる場所はないし」って笑っちゃうくらい共感できてしんどかった。゚(゚´ω`゚)゚。実際に静岡と群馬とでは 東京までの距離とか終電の時間も同じくらいだと思うんだけど、終電が早いために今まで何度悔しい思いをしてきたことか。゚(゚´ω`゚)゚。 「ツーマンだと早く終わっていいね!」なんて言ってたけど、終電の話でそんなこと言ってくれるバンド、きっとIvyだけだ。゚(゚´ω`゚)゚。


遡れば2015年の秋に Ivyとハロが全国4箇所をまわった共同ツアー。他の土地ではハロがトリを務めていたのに、東京ではIvyがトリを任され、アンコールにインディーズデビューすることが発表されました。私もこの重大発表を聞くことを楽しみにしていたのに、まさかトリだとは思わず、私の終電は21:59。押していたライブは本編が終わった時点で21:48。2分くらい待ってみたけど そんなすぐにアンコールが始まるわけもなく、アンコールを待つ拍手のなか クレストの階段を、道玄坂を、走って帰ったのが 未だに根にもつくらい悔しかった。*2新幹線に乗る前には 発表は私の耳にも届き、あと数分ライブハウスにいられれば、もっと遅くまで終電があれば…ってすっごく思ったけど、そんな悔しかった気持ちも、このゆるいトークショーでぜんぶ拭われた気分でした。゚(゚´ω`゚)゚。

このツアーも 自主企画 中盤のMCで「いつもはアンコールでやるけど、途中で帰る人もいると思うのでここでします」って言いながら発表してくれたり、どの公演も21時前には必ず終わってたり、こんなにも終電を気にせずまわったツアー初めてだったなぁ嬉しかったなぁ。゚(゚´ω`゚)゚。

そんな静岡の話たくさんしてくれたあとに、寺口さん「歳を重ねるごとに、このメンバーに出会えてよかったって強く思う。」なんて言いながら、まるで故郷の歌詞みたいなMC始めてさ。゚(゚´ω`゚)゚。アンコールでてきたときに、「あれか、あれなんだけど、どっちやろうかな〜」とか言ってて、私絶対 ! か error の二択だと思ったんだけどさ。゚(゚´ω`゚)゚。「あの曲しかない」って言い始めて私もう涙腺ゆるゆるでさ。゚(゚´ω`゚)゚。イントロがないこの曲で、寺口さんが最初に息を吸った瞬間、もう私は涙が止まりませんでした。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。


まさか聴けると思ってなかった故郷を、自分の故郷で、あんなMCのあとに、最前で聴いて、泣かないファンとか存在するわけ?!?!。゚(゚´ω`゚)゚。


前日の京都では歌ったみたいだけど、私が聴くのは高崎ぶりで、本当にまさかまさかでした。故郷が素晴らしい曲だなんてとっくに知ってたけど、いつも以上に歌詞が響いてしかたなかった。゚(゚´ω`゚)゚。私はど〜〜しても地元が好きになれなくて、都会への憧れが消えないんだけど、故郷って呼べる場所があるっていいねって初めて思えました。聴きながら色んな景色が人の顔が浮かんでしかたなかった、色んなものに感謝できる暖かい曲だね。Ivyが地元に来てくれる喜びを味わえるのって 田舎に住んでる人の特権だね。Ivyにも出会うことができた私の人生、きっと私が見縊るほど悪いものじゃないね。こんな曲がつくれるフクシマさんってやっぱり天才だね!Ivyのこと好きになれてよかったね!珍しく、静岡に住んでいることを誇りに思えた1日でした。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。

今年も静岡県にライブしにきてくれて本当にありがとうございました!!この日のことは、ずっと忘れません!!

8本目

2017/06/17 @ HEVEN'S ROCK宇都宮
w / SHE'S

1. 夢想家
2. she see sea
3. Dear Fate,
4. 劣等
5. Utopia
6. 道化の涙
7. E.G.B.A.
8. 青写真
9. アイドル
10. 青二
en. 故郷

前日の宇都宮は、雷や洪水の注意報が出るほどの悪天候で心配してたけど、迎えた当日は一度も雨に降られることなく過ごしやすいお天気でした。開場前にはその辺をメンバーがフラフラしていたらしいけど、私は盛大に寄り道しながら向かっていたので、着いた頃には喜ぶファンの熱気が残ってるだけだった(笑)。

3ヶ所一緒にまわったSHE'Sとの対バンもこの日でラスト。きょうもSHE'Sキラキラしててかっこいいなって思いながら見てたら、最後一曲残したところでスタッフさんに向かって「すみません、最後の曲変えます。」って言い始めて。何があったんだろうって思ったら、りょうまさん 実は体調が悪かったらしい…。こんなにかっこいいのに、万全の状態じゃないことすごい悔しそうにしてて、なぜか私まで悔しくなってしまったけど、そんな状態だったからこそ、すごいグッときたライブでした。また万全な状態のSHE'Sのライブも見たいな!


宇都宮のIvyのMCは、「嘘はつかない」「慣れていく」「負ける気がしねぇ」の3本立てでした。悔しがってるりょうまさんの姿を見て、寺口さんも悔しかったGTのこと思い出して話してくれたけど、こんなに悔しい気持ちを見せてくれる人に「大丈夫」なんて言われたら なんだか本当に大丈夫な気がしてしまうね。なんて言ったらいいのか、私はライブでのMCなんて 本音でも上部だけのパフォーマンスでも 一生懸命ならどっちでもいいと思ってるけど、しきりに「ここでは嘘はつかない」って言う寺口さんを見て、そうハッキリ言ってくれるのって純粋に嬉しいし すごく安心するなってとても思った。

「 ツアーまわってると、曲もMCもだんだん慣れてく。ツアー中毎回言ってきた言葉がある。何言われてもかっこ悪くても それでも負ける気がしないって言うのは、負ける気がしねぇからだよ!! 」からの青写真アイドルはさすがに痺れた。正直、私も10本もまわってると、ライブ前の緊張感とか 遠征のワクワク感とか薄れていくけど、このツアーの楽しさに慣れることなんてまったくありませんでした。

ちなみに1週間ぶりにIvyのライブを見たら、フクシマさんの髪が短くなっていたのが、この日いちばんのビックリでした。前週の静岡ではひとつに髪結んでて、暑いのかなぁとは思ってたけど、まさかバッサリ切ってるとは思わなくて、つい3度見してしまった。くりんくりんのパーマ素敵でした。

フクシマさんといえば、MCでは寺口さんに、去年のツアー宇都宮の打ち上げですごい酔っ払ったことを突っ込まれていて。「とくに俺と福ちゃんはお酒強くないのにすごい飲んでしんでた。俺はまだ、やばくなる前に水を飲むとか対処法分かってるけど、福ちゃんはそういうの知らないから、帰りの車でもずっとしんでた。あんなの初めてじゃない?」みたいなこと言われて、「飲んで3秒後には夜になってた」って言ったフクシマさんが面白かった(笑) 私の中で去年の宇都宮を越える対バンはないし、打ち上げの様子まですごい楽しそうだったのよく覚えてるから、話聞けてほんと嬉しかった!「polly越雲も相当やばかった」とか名前あげてくれたし、大好きなバンドが 大好きなバンドの名前だしてくれるのって最高〜〜!!大満足の宇都宮でした。


まだまだ、つづく。

*1:端っこの最前より、多少後ろでも真ん中のほうが人気だったらしい。

*2:今ならネカフェでも 一緒にオールできる友達でも探せるけど、当時はライブ友達なんてひとりもいなかったし、ひとりでお泊まりすらしたことなかった